西仲美咲(フルート) Misaki Nishinaka

沖縄県うるま市勝連平敷屋生まれ。 沖縄県立開邦高校芸術科音楽コースでクラシックを専門的に学び、 数々の賞を受賞するも卒業する頃に自分の音楽性に迷いが生じ演奏を休止する。
2000年より3年余のあいだ オーストラリア、アジアを中心に、フルートと趣味のカメラを持ってバックパッカー生活を送り バンコク、カオサンロードの安宿にてもう一度フルートと向き合うことを決意し帰国。2004年より東京にてジャズの演奏をはじめる。 ジャズフルートを井上信平氏に師事。ジャズ評論家の岩浪洋三氏には『いま若手のフルート奏者で、いちばん素敵なのは西仲美咲だ。クラシックで鍛えられたテクニックは抜群だし、グルーヴィなジャズ・フィーリングにみちている。明るく、艶っぽい音色と沖縄出身者らしい、沖縄の曲も加えたプログラムも魅力的だ。』と評される。
2007年より故郷の沖縄にてライヴ活動を開始する。沖縄ジャズ界の重鎮、故屋良文雄氏(Pf)とのセッションは多くのファンを魅了した。また、ライヴ活動の他ボランティアで沖縄県内離島の学校を精力的に訪問し演奏、指導を行う。これまで慶良間諸島、八重山諸島など25校を訪問。
2011年、沖縄県座間味村阿嘉小中学校の子供たちが歌詞をつけたオリジナル曲「aka is.funky」のレコーディングを行い7月にCDをリリース。
東日本大震災後、毎年チャリティライブを催し全額寄付を続けており、その気持ちは今も変わっていない。
2012年9月、1stアルバム「あかばなーのうた」をリリース。沖縄の民謡を見事にジャズで表現された作品として注目された。
2015年、待望のアルバム「Lequio Historia」が発売。 沖縄の民謡や沖縄をモチーフにしたオリジナル曲などで独自の世界観を表現。
ジャズフルートでの沖縄民謡などの演奏は珍しく、その新しい解釈によるアレンジや演奏が注目されている。